3) 代表的な呼吸機能検査





代表的な呼吸機能検査は
2つあります。
すなわち
換気機能検査、動脈血ガス分析です。


換気機能検査では
スパイロメーターと呼ばれる機器を用いて
スパイロメトリーと呼ばれる一連の検査を行います。

スパイロメトリーにより
肺気量分画、努力性呼出曲線、フローボリューム曲線の
3項目を測定し、評価します。

肺気量分画とは
肺活量等のことです。
スパイログラムから読み取ります。

スパイログラムとは
スパイロメータをつけた状態で
穏やかに3回呼吸後、大きく息を吸って吐いてもらい
また穏やかに数回呼吸をしてもらった時の
肺から出入りする空気の量を
画面にかいたもののことです。
イメージは下図のようになります。

図 未


実際の肺活量と、予測肺活量(身長、性別、年齢から予測)の割合が
% 肺活量です。
% 肺活量が 80 %未満だと、拘束性換気障害です。


努力性呼出曲線は
スパイロメーターをつけた状態で、思いっきり息を吸って
できるだけ早く息を吐いてもらった時の
肺から出入りする空気の量を画面にかいたもののことです。
イメージは下図のようになります。

図 未



1秒量と、1秒率が重要な指標です。
1秒率が70%未満だと、閉塞性換気障害です。



フローボリューム曲線は
努力性呼出曲線から自動的に計測される曲線です。
イメージは下図のようになります。

図 未



ピークフローメーターという
スパイロメーターよりも安価な装置を用いることで
フローボリューム曲線における重要な指標の一つである
PEF(peak expiratory flow)を測定することもできます。
この PEF を自己測定することにより
気管支喘息の管理、治療薬の効果判定等に用いられています。


動脈血ガス分析は
血液との間で酸素や炭酸ガスのやり取りを行うという
肺の呼吸機能の検査です。
血液を注射針を用いて採取した後、自動分析装置にかけて分析を行います。

pH
PaO2(酸素分圧)
PaCO2(二酸化炭素分圧)
SaO2(酸素飽和度)等が測定されます。

pH が 7.45 以上の時はアルカローシスと呼ばれます。
pH が 7.35 以下の時はアシドーシスと呼ばれます。