10) 動脈血ガス分析




動脈血ガス分析は、血液との間で酸素や炭酸ガスのやり取りを行うという肺の呼吸機能の検査です。血液を注射針を用いて採取した後、自動分析装置にかけて分析を行います。


pH,PaO2(酸素分圧),PaCO2(二酸化炭素分圧),SaO2(酸素飽和度)等が測定されます。
pHが7.45以上の時はアルカローシスと呼ばれます。
pHが7.35以下の時はアシドーシスと呼ばれます。