2) 適切な治療薬の選択について


診断した疾患に応じて、治療薬は選択されます。
治療薬の選択は多岐に渡り、適切な治療薬の選択は、適切な薬物治療において
重要なポイントになります。

適切な治療薬の選択のために必要な情報は、多岐にわたります。
情報の一例として、各種のガイドラインや、最新の研究結果があげられます。

又、薬物の相互作用や、患者の特殊性(妊婦、幼児、高齢者など)にも配慮する必要があります。

更に、遺伝子検査の応用に伴い、個人個人にあわせた
テーラーメードの薬物治療が現実のものになろうとしています。

具体的な適切な治療薬の選択については、以降の節において、それぞれの疾患の治療において
詳しく解説をしていきます。