4) 播種性血管内凝固症候群(DIC)の病態生理、治療薬、注意点


DICとは、何らかの基礎疾患、薬剤などにより

循環血における血液凝固系、血小板系が活性化される病態のことです。



血液凝固系、血小板系が活性化された結果として

全身の血管において血栓が形成され、閉塞により臓器障害が引き起こされる上に

凝固因子や血小板の消費が進むことにより凝固障害がおこります。

つまり、血が固まって悪さをする上に、出血傾向になるということです。



DICの多くは、がん、白血病、敗血症などが原因です。

又、薬剤によるDICも知られています。



治療に用いられるのは、ヘパリン、ガベキサート、トレチノインなどです。

血栓ができるため、血をさらさらにする薬が使われるように思うかもしれませんが

この病気に対しては凝固系の活性化防止と、血小板減少の対策が必要であり

特に抗血小板薬は用いてはならないことに注意が必要です。