1) 消化器系の代表的な疾患


消化器系の代表的な疾患は、消化性潰瘍、腸炎、肝炎、肝硬変、膵炎、その他の疾患です。


消化性潰瘍とは、胃酸等が原因で生じる潰瘍のことです。

潰瘍とは、粘膜などを覆う上皮組織の欠損のことです。


腸炎とは、小腸及び大腸の炎症の総称です。


肝炎とは、肝臓における炎症です。


肝硬変とは、肝炎が長期化、重症化した結果として、肝細胞の破壊の進行に伴い線維化(固くなった状態)することです。


膵炎とは、膵臓における炎症です。


それぞれの疾患に関して、以降の節で詳しく説明していきます。