2) 高脂血症の病態生理、治療薬、注意点


高脂血症は、脂質異常症とも呼ばれます。


脂質異常症とは、血中 LDL - cho 値が 140 mg/dL 以上、血中 HDL-cho 値が 40 mg/dL未満、血中 TG 値が 150 mg/dL以上のどれかを満たす状態です。


脂質異常症自体には、何の自覚症状もありません。しかし、脂質異常の状態が慢性的に継続することにより、組織に脂質が蓄積し、動脈硬化、脂肪肝、膵炎などを引き起こします。


治療は食事療法、運動療法が第一です。

コントロール不能であれば薬物治療を並行して行います。


治療薬であるスタチン、フィブラート系の使用においては、横紋筋融解症に注意する必要があります。

治療薬の詳細については、薬理学まとめました 3-5 2)参照




前の項目へ      目次へ      次の項目へ