4) 結膜炎、網膜症の概説


結膜炎とは、白目とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜(結膜)が炎症を起す病気です。かゆみ、充血などが見られます。アデノウイルス等による流行性角結膜炎、アレルギー性結膜炎に分類されます。

対症療法として、感染予防や細菌感染を考慮して、抗菌薬の点眼などが用いられます。アレルギー性に対しては、ケミカルメディエーター有利抑制作用を持つ点眼薬等が使用されます。


網膜症とは、網膜の非炎症性の、変性疾患の総称です。糖尿病性網膜症が代表例です。他にも貧血性や動脈硬化性などがあります。

レーザー治療などが用いられます。



前の項目へ      目次へ      次の項目へ