2) 長期療養に付随する合併症と薬物治療


長期療養とは、難病、がん、肝炎、糖尿病などの疾病により、長期にわたり治療、療養を受け続けることです。

長期療養に付随し、合併症が見られることがあります。晩期合併症と呼ばれることもあります。例えば小児がんの長期療養に伴い、薬物療法の影響により生じる、生殖器官などの機能への影響といった合併症です。晩期合併症に適切な対処をするためには、定期的な診察と検査による長期間のフォローアップが必要です。



前の項目へ      目次へ      次の項目へ