3-3 6) 膜電位と能動輸送








膜電位とは
膜を挟んだ溶液におけるイオン濃度の濃淡により
発生する電位のことです。

細胞膜内外の電位差が代表的な例です。


能動輸送とは
ATP加水分解によるエネルギー等を利用することで
濃度の高い所から低い所に物質を輸送する働きのことです。

代表的な例としては
細胞内の Naの濃度差を作るための
Naポンプの働きがあげられます。

能動輸送により
細胞膜の内外におけるイオン濃度差が作られ
その濃度差により
膜電位が生じます。