1) 医療の担い手としての倫理的責任




医療とは、憲法13条(個人の尊重)、25条(生存権)に根拠をもつ
生涯に渡っての生活の安寧を守る社会的仕組みです。
医療の担い手は、国民に対し、適正医療実現の責任と義務を負います。

医療は、医療の担い手と、患者の協働により行われるものです。
医療の行使において、患者には自己決定権があり
十分な説明と理解に基づく同意(インフォームドコンセント)が必要です。


医療倫理規範として代表的な3つを以下に列挙します。
すなわち、ヒポクラテスの誓い、ニュルンベルグ綱領、ヘルシンキ宣言です。

ヒポクラテスの誓いは、医師の誓いとして知られています。
誓いには、患者に危害を招くような措置を戒めることや
患者の秘密を守ることなどが含まれています。

ニュルンベルグ綱領は、ナチスの人体実験の反省に基づき
治験における暴力的、強圧的な実験の排除を訴えたものです。

ヘルシンキ宣言は、臨床試験、すなわち人間を対象とする医学研究における国際倫理規範です。
GCP:Good Clinical Practice (医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)も
ヘルシンキ宣言を踏襲しています。


薬剤師は、調剤、医薬品の供給、その他薬事衛生をつかさどることによって
公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものです。
(薬剤師法1条)

調剤業務は、薬剤師の独占業務であり、高い独立性と責任を伴います。
例えば、守秘義務に関して薬剤師は、医師と同様に
身分法ではなく、公法である刑法に規定されています。


代表的な薬剤師の倫理に関する規範としては、日本薬剤師会による薬剤師倫理規定があります。

薬剤師倫理規定には
「薬剤師は、医療の担い手として、常に同僚及び他の医療関係者等と協力し
医療及び保健、福祉の向上に努め、患者の利益のため職能の最善を尽くす(5条)」ことや

「薬剤師は常に医薬品の品質、有効性及び安全性の確保に努める。
また、医薬品が適正に使用されるよう、調剤及び医薬品の供給に当たり患者等に十分な説明を行う(6条)」

さらには「薬剤師は、地域医療向上のための施策について、常に率先してその推進に努める(7条)」
といった規定があります。