1) 麻薬及び向精神薬取締法




麻薬及び向精神薬取締法は
麻薬及び向精神薬の輸入、輸出等についての取締りや
麻薬中毒者への措置などを規定した法律です。


大麻取締法、覚せい剤取締法、あへん法と合わせて
いわゆる薬物四法と呼ばれます。


代表的な麻薬は
モルヒネやコカインです。


特別に規制される麻薬として
ジアセチルモルヒネ(ヘロイン)があります。
これは、極めて強い依存性を形成する麻薬です。
麻薬研究施設の設置者及び、麻薬研究者が
厚生労働大臣の許可を受けて用いる以外は
禁止という、強い規制をされています。


又、注意が必要なのが、コデイン、ジヒドロコデインです。
1% を超える コデイン、ジヒドロコデインは、麻薬です。
※ 1 %以下のコデイン、ジヒドロコデインは、家庭麻薬という分類になり
非常に紛らわしいのですが
家庭麻薬は、麻薬ではありません。



向精神薬は、医療上の有益性・濫用の危険をふまえ
第 1 種向精神薬から第 3 種向精神薬に分類されています。


代表的な、第 1 種向精神薬は
メチルフェニデート(リタリン)です。


代表的な、第 2 種向精神薬は
フルニトラゼパム(サイレース、ロヒプノール)です。


第 3 種向精神薬は
1,2種以外の向精神薬です。



実際の仕事で、大部分の薬剤師が麻薬と関わりを持つのは
卸さんから、薬局又は病院に麻薬を仕入れる時と
実際に麻薬処方せんが出て、患者さんにお渡しする時です。



卸さんから麻薬を受け取る時は
政府発行の証紙で封かんした状態で譲渡・譲受を行います。

この時、譲渡証と、譲受証を交換します。
又、帳簿を備え、譲渡、譲受けした品名、数量を記載し
2 年間保存しなければなりません。


麻薬小売業者間、例えば薬局間での麻薬の譲渡は
原則認められていません。

ただし、在庫不足の場合に限り
同一都道府県内の2つ以上の小売業者が
厚生労働大臣へ共同して許可申請することで
譲渡・譲受できます。


麻薬の保管は
基本的に他と区別し、かぎ付きで堅固な設備内に保管します。
※覚せい剤と一緒に保管するのは OK です。


麻薬の廃棄は、原則、届出ののち
当該職員の立ち会いのもと、回収不能な形で廃棄します。

調剤済み麻薬に関しては
事前届出は不要で、廃棄から30日以内に
品名と数量を届出る必要があります。


※麻薬処方せんの記載事項!
① 患者の氏名、年齢(または生年月日)
② 患者の住所
③ 麻薬の品名、分量、用法、用量(投薬日数を含む)
④ 処方せんの使用期間(有効期間)
⑤ 処方せん発行年月日
⑥ 麻薬施用者の記名押印または署名、免許番号
⑦ 麻薬診療施設の名称、所在地
(院内処方せんの場合は、②、④、⑦の記載を省略できる。)

http://ganjoho.jp/data/professional/med_info/1isaao00000010ek-att/2012iryo_tekisei_guide_4.pdf




実際の仕事で、大部分の薬剤師が、向精神薬と関わりを持つのは
麻薬と同様に、卸さんから、薬局又は病院に向精神薬を仕入れる時と
処方せんに向精神薬が出ていて、患者さんにお渡しする時です。


処方せんにより、調剤した向精神薬を譲り渡すには
向精神薬小売業者の免許が必要です。


免許は都道府県知事が与え
有効期間は 6 年間です。

ちなみに、薬局開設者は
特に申出がない限り
向精神薬小売業者の免許を受けた者とみなされます。


向精神薬の保管は
業務に従事する者が、盗難の防止に必要な注意を払う場合を除き
かぎをかけた設備ないでないとだめです。


又、向精神薬の廃棄は
回収困難な方法で行う必要があります。