4) 高齢者医療保険制度




高齢者医療保険制度とは
高齢者の医療の確保のための制度です。



75歳以上の高齢者が対象である制度です。
75歳以上の高齢者は、後期高齢者と呼ばれます。
ちなみに、65~74歳の高齢者は、前期高齢者と呼ばれます。



仕組みのポイントは2点あります。


1点めは
保険料の徴収を行うのは
市区町村であることです。



2点めは
制度の運営を行うのは
後期高齢者医療広域連合と呼ばれる
複数の公共団体や特別区が設置する組織です。


各都道府県に、それぞれの後期高齢者医療広域連合が
存在します。