1) 医療保険の成り立ちと現状




医療保険の成り立ちは
大正デモクラシーの時代にまで
遡るとされています。


当初は、危険な作業に従事する者たちの
互助的な仕組みだったそうです。



その後、法的な制度が整えられていきます。
1961年に、国民皆保険制度が成立します。


最近では、2000 年から、介護保険制度が実施され
2008 年から、後期高齢者医療制度が施行されています。



我が国の医療保険の特徴は
国民皆保険制度です。
すなわち、国民が皆、一定水準の医療を享受できる
ような制度であるということです。



そして、国民は、次の3つのうち、どれかの保険に
原則として、切れ目なく加入しています。
すなわち
被用者保険、地域保険(国民健康保険)、後期高齢者医療制度
の3つです。



医療費は、年間、現在 30 兆円超です。
(2013年度現在)