3) 医療保険の種類





医療保険は、大きく3つに分類されます。
すなわち、職域保険、地域保険、後期高齢者医療制度
です。



職域保険は、さらに
健康保険、共済組合、船員保険に分類されます。


健康保険は
企業の健康保険と考えればいいです。


規模が小さいため
保険団体を作れない集団は
健康保険協会が管掌するという
保険制度になっています。


規模が十分大きい企業は
単独で、もしくは類似企業で組合を作るという
保険制度になっています。
これは、健康保険の中でも特に
組合管掌健康保険と呼ばれます。


共済組合は
公務員のための健康保険制度と
考えればいいです。


船員保険は
船に乗る人の保険制度です。



地域保険とは
別名国民健康保険です。
働いていない人や
自営業の人の保険制度と考えればいいです。



後期高齢者医療制度は
75歳以上の後期高齢者が
対象である保険制度です。