4) 薬物治療の経済評価手法




ある薬物治療 A と、B があった時
どちらが「よい医療」であるか、というのは
評価の問題です。



薬物治療の、経済評価手法において
よく用いられる手法として

費用最小化分析(CMA:cost - minimization analysis)
費用効果分析(CEA:cost - effectiveness analysis)
費用効用分析(CUA:cost - utility analysis)
費用便益分析(CBA:cost - benefit analysis)

の4つがあります。



費用最小化分析とは
治療効果が同等である
複数の薬物治療法に対して行われる分析です。


費用が最小になる治療法が
最も望ましいと評価されます。



費用効果分析とは
臨床効果が異なる治療法に対して行われる分析です。


治療の費用と、生存年などの尺度によるアウトプットを
評価します。


この分析では
単純に、良い・悪いは評価できないこともあります。


例えば
1億円で、1年間生存と
100万円で、7ヶ月生存
(治療がなければ、3ヶ月生存とします)
という治療があった場合
「どちらがよい」というわけではないです。



費用効用分析とは
費用効果分析の一種といえるものです。
治療の効果の指標として
質調整生存年(QALY:Quality - adjusted life year)を使います。


最大限のQOLで、1年生きることを、1QALYとして
1QALY 改善するために必要な追加費用を求めて分析を行います。


費用便益分析は
効果を、全て金銭価値に置き換える分析手法です。