1) 医療の進歩に伴う生命観の変遷



生命観とは、生命とは何か、ということについての論や見解のことです。遺伝子診断、遺伝子治療、移植・再生医療、難病治療といった医療の進歩に伴い、生命観に変化が生じてきています。

具体的には、遺伝子診断や遺伝子治療の進歩は、生命に関する、予測・改良可能性などについて変化をもたらしました。移植・再生医療、難病治療の進歩は、生命に関する、特に死生観などを変えるものでした。このような生命観の変化をふまえた法整備や、あるべき法制度に関する議論が行われています。




前の項目へ      目次へ      次の項目へ