1) ヘルシンキ宣言


ヘルシンキ宣言は、1964 年 世界医師会総会における、人間対象の医学研究の倫理的原則の宣言です。もととなったのが、第二次世界大戦中におけるナチス・ドイツによる非人道的人体実験に対して行われた 1947 年のニュルンベルク裁判により示されたニュルンベルク綱領です。インフォームドコンセントの実施などについて言及しており、治験の GCP などに生かされています。

最新のヘルシンキ宣言については、こちらを参照ください。(日本医師会 HPへ)




前の項目へ      目次へ      次の項目へ