2) 倫理規範


倫理規範とは、人として、また職務上自ら守らねばならない行動基準のことです。

医療従事者共通の倫理として、ヒポクラテスの誓いが知られています。ヒポクラテスの誓いは、医師の誓いとして知られており、誓いには、患者に危害を招くような措置を戒めることや、患者の秘密を守ることなどが含まれています。

また、世界医師会による宣言として、ヒポクラテスの誓いの精神を現代化・公式化したものとされるのがジュネーブ宣言です。

さらに、患者の権利を示すものとして、米病院協会によるリスボン宣言が知られています。自己決定権などについて明記されています。

薬剤師の倫理としては、日本薬剤師会による 薬剤師綱領 及び 薬剤師行動規範 が発表されており、薬剤師法第1条の任務を果たすための、薬剤師のあるべき姿を示しています。




前の項目へ      目次へ      次の項目へ