分析化学まとめました




1 化学平衡

        2) 緩衝作用

        5) 分配平衡

2 化学物質の検出と定量



        1) 中和滴定
        2) 非水滴定
        4) 沈殿滴定
        6) 電気滴定

        2) 発光分析法

    2-5 クロマトグラフィー
        1) クロマトグラフィーの種類、特徴、分離機構
        2) クロマトグラフィーで用いられる代表的な検出法と装置
        3) クロマトグラフィーを用いた、代表的な化学物質の分離分析


3 分析技術の臨床応用

    3-1 分析の準備
        1) 代表的な生体試料についての前処理と適切な取扱い
        2) 臨床分析における精度管理および標準物質の意義

    3-2 分析技術
        1) 臨床分析の分野で用いられる代表的な分析法
        2) 免疫反応を用いた分析法
        3) 酵素を用いた代表的な分析法
        4) 電気泳動法
        5) 代表的なセンサー
        6) 代表的なドライケミストリー
        7) 代表的な画像診断技術(CT、X線、MRI、超音波など)
        8) 画像診断薬
        9) その他の分析技術(バイオイメージング、マイクロチップ)

    3-3 薬毒物の分析
        1) 毒物中毒
        2) 代表的な中毒原因物質


4 生体分子の解析手法

    4-1 分光分析法
        1) 紫外可視吸光度測定法
        2) 蛍光光度法
        3) 赤外・ラマン分光スペクトル
        4) 電子スピン共鳴スペクトル測定法
        5) 旋光度測定法、円偏光二色性測定法
        6) 代表的な生体分子(核酸、タンパク質)の紫外及び蛍光スペクトル

    4-2 核磁気共鳴スペクトル
        1) 核磁気共鳴スペクトル測定法の原理
        2) 生体分子の解析への応用例

    4-3 質量分析
        1) 質量分析法の原理
        2) 生体分子の解析への応用例

    4-4 X線結晶解析
        1) X線結晶解析の原理
        2) 生体分子の解析への応用例

    4-5 相互作用の解析法
        1) 生体分子間相互作用の解析法