3) クロマトグラフィーを用いた、代表的な化学物質の分離分析


クロマトグラフィーを用いた化学物質の分離分析によく用いられるのが、高速液体クロマトグラフィー(HPLC:High Performance LC)です。

高速液体クロマトグラフとは、JISの規定によれば「液体の移動相をポンプなどによって加圧してカラムを通過させ、分析種を固定相及び移動相との相互作用(吸着、分配、イオン交換、サイズ排除など)の差を利用して高性能に分離して検出する」ような分析方法です。熱に不安定あるいは熱分解するような物質に対しても分離分析が容易に可能であるといった利点があり、環境分析や医薬品分析など、幅広い分野に応用されています。

水道水を試料として、ホルムアルデヒドを分離・分析するために、DNPH(ジニトロフェニルヒドラジン)で誘導体化後、HPLCーUV 法で測定する分離分析が一例となります。




前の項目へ      目次へ      次の項目へ