1) 臨床分析の分野で用いられる代表的な分析法



臨床分析の現場では、採血を大量に繰り返しできない、繰り返しの採尿は困難であるなど、試料採取に多くの制限があります。また、同時に多くの試料を迅速に処理することが求められるといった特性が見られます。

そのような要求に答えるために用いられる代表的な分析法としては、HPLC、電気泳動法などの分離分析法や、免疫学的分析法、酵素的分析法などがあげられます。それぞれの分析法について詳しくは以降の節で説明します。




前の項目へ      目次へ      次の項目へ