2) 生体分子の解析への応用例



タンパク質を質量分析することで、ペプチド断片の組み合わせから「タンパク質同定」を行ったり、顕微鏡サンプルにマトリックスを吹き付けて、レーザーを当てて、出てくるイオンを分析することで直接質量分析を行い、得られたデータと顕微鏡画像をあわせることで、見た目に加え、そこに何があるかを画像化する「質量顕微鏡」といった応用が進んでいます。




前の項目へ      目次へ      次の項目へ