国試103回 解説13



13

 

図はヒト染色体を表す。矢印の部分(黒色)に存在する構造の名称はどれか。1つ選べ。

 

 

1.動原体

2.テロメア

3.核小体

4.セントロメア

5.紡錘糸

 

 

正解 (2)

 

染色体末端構造は、テロメアと呼ばれます。

繰り返し塩基配列が実体です。

細胞分裂の際、短くなります。

 

 

選択肢 1,4,5 ですが

動原体とは、セントロメアとも呼ばれ

「中心」の粒状の部分です。

細胞分裂時、紡錘糸が結合する部分です。

(より正確には、中心部分がセントロメアで

細胞分裂時、動原体が形成される か。)

 

紡錘糸は

染色体に結合する繊維状の構造のことです。

 

 

どれも、染色体の末端構造の名前ではありません。

よって、選択肢 1,4,5 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

核小体とは、核における分子密度の高い領域です。

核の模式図を書く時、中に小さなホクロのような点が

よく書かれています。そのホクロのような部分です。

 

染色体の部分構造の名前では、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

 

以上より、正解は 2 です。

 


追加したガジェットは無効です