国試103回 解説160



160

 

非ステロイド性抗炎症薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.アスピリンは、シクロオキシゲナーゼ(COX)のセリン残基をメチル化し、酵素活性を不可逆的に阻害する。

2.チアラミドは、COX1COX2に対して強い阻害作用を示し、鎮痛作用や抗炎症作用を示す。

3.ロキソプロフェンは、プロドラッグであり、アスピリンと比較して消化管障害を起こしにくい。

4.インドメタシンは、プロスタグランジンE2の産生を抑制することで炎症による体温上昇を抑制する。

5.ジクロフェナクは、COXをほとんど阻害することなく、鎮痛作用や抗炎症作用を示す。

 

 

正解 (3)(4)

 

選択肢 1 ですが

アスピリンの作用機序は

COX のセリン残基を「アセチル化」し

不可逆的に阻害です。

「メチル化」ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

チアラミドは

塩基性NSAIDsです。

COX阻害作用はほとんど認められません。

解熱、鎮痛、抗炎症作用を示します。

 

COX-1,COX-2に対して強い阻害」を

示すわけではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3,4 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

ジクロフェナクは

インドメタシン類似NSAIDsです。

COX 阻害薬です。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 3,4 です。

 

 

関連 3-6 1)


追加したガジェットは無効です