国試103回 解説18



18

 

冬季に患者発生数がピークになる食中毒の病因物質はどれか。1つ選べ。

 

1.カンピロバクター・ジェジュニ

2.ツキヨタケ

3.腸炎ビブリオ

4.ノロウイルス

5.サルモネラ属菌

 

 

正解 (4)

 

選択肢 1 ですが

カンピロバクターはグラム陰性桿菌です。

らせん菌とよばれ、顕微鏡で見るとくねっとしています。

原因は主にお肉です。

 

特徴は少量の菌数で感染がおきるということです。

件数は多いですが特に冬季にピークがある

というわけではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

ツキヨタケは、イルジンSを

主要な毒成分として有するキノコです。

シイタケと本当に似ていて

間違って食べると、食中毒になります。

 

冬季にピークがあるわけではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

腸炎ビブリオは、好塩性

(塩が入っている方が好きな菌。)の

グラム陰性桿菌です。

主に海水中に生息する細菌です。

 

激しい腹痛を伴う下痢を発症します。

嘔吐、発熱を伴うこともあります。

冬季にピークがあるわけではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

ノロウイルスは、ウイルスの一種です。

RNAウイルスです。

冬場、カキなどを由来として食中毒が発生します。

食中毒の大きな原因を占めているウイルスです。

 

 

選択肢 5 ですが

サルモネラ属菌は

グラム陰性桿菌の一種です。

サルモネラ菌による食中毒の原因の多くは

鶏卵由来です。

冬季にピークがあるわけではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 4 です。

 

 

参考 衛生(1)1-3 2)

 


追加したガジェットは無効です