国試103回 解説175



175

 

医療用活性炭の品質管理を目的として、ガス吸着法による比表面積測定を行った。

試料2.0gに対する窒素ガスの単分子吸着量が3.0×102molであったとき、この試料の比表面積(m2/g)に最も近い値はどれか。1つ選べ。

ただし、アボガドロ定数を6.0×1023mol1、窒素分子の分子占有断面積を1.6×1.019m2とする。

 

11.6×102

22.2×102

31.0×103

41.4×103

52.2×103

 

 

正解 (4)

 

N2 分子 1個 が

1.6×10-19m2 を占めているとのことです。

 

N2 分子 3.0 × 10-2 mol というのは

3.0 × 10-2 × 6.0 × 1023) 個

の分子です。

 

従って

試料 2.0g 中の N2 ガスは

(1.6 × 10-19) × 3.0 × 10-2 × 6.0 × 1023)m2

=2.88 × 103 m2 占めています。

 

1g 当たりであれば、2で割って

1.44 × 103 です。

 

 

以上より、正解は 4 です。


追加したガジェットは無効です