国試103回 解説177



177

 

図の固形製剤の製造工程に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

 

1.粉砕を行うと、主薬が分解することがある。

2.結合剤を粉末のまま用いると、水溶液で用いた場合に比べ、均質な造粒物が得られる。

3.混合①から乾燥までの操作を同一装置で連続的に行うには、流動層造粒機が適している。

4.滑沢剤の添加量が多いほど、整粒した粉体の流動性が高くなる。

5.図の原料の組合せと工程は、トローチ剤の製造に用いられる。

 

 

正解 (1)(3)

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

アスピリンの粉砕による分解などが

知られています。

 

 

選択肢 2 ですが

結合剤として例えばデンプンを考えます。

水溶液にするとデンプンのりです。

「水溶液」の方が均等に全体に行き渡り

均質な造粒物が得られると考えられます。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

滑沢剤を加えすぎると

流動性が低くなります。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

トローチは、口の中で崩壊しない方が

望ましい剤形です。

崩壊剤は、用いられません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 1,3 です。

 

 

類題 96-173


追加したガジェットは無効です