国試103回 解説178



178

 

油相に水相を常温で撹祥しながら徐々に加え、o/w型のクリーム剤を調製したい。

調製している溶液の粘度変化を表すグラフとして最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

正解 (4)

 

グラフにおける特徴的な部分に

注目して考えます。

 

【左端付近】

油相に水を加え乳化が始まると

まずどろどろのクリーム状となり

粘度はあがっていくと考えられます。

従って、選択肢 1 は誤りです。

 

 

【右端付近】

最後の方は水をどんどん加えれば

薄くなっていくだけでサラサラになっていく

と考えられます。

粘度は徐々に下がると考えられます。

従って、選択肢 2,5 は誤りです。

 

 

選択肢 3,4 の違いは

粘度の上昇が

水相をどの程度加えた時に

ピークに達するか というものです。

 

o/w型クリームの調製なので

全体は water 

oil が分散しているクリームを

作っています。

 

w/o → o/w となる転相で

粘度が不連続になるため

不連続になるのは

少なくとも 50 % 以上

水を加えてからと考えられます。

 

以上より、正解は 4 と考えられます。


追加したガジェットは無効です