国試103回 解説22



22

 

慢性毒性として、成人では貧血、小児では中枢神経障害が問題となるのはどれか。1つ選べ。

 

1.カドミウム

2.無機鉛

3.無機スズ

4.クロム

5.アルセノベタイン

 

 

正解 (2)

 

カドミウムの主要な慢性毒性は

腎近位尿細管障害です。

従って、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 3 ですが

無機スズに関して

急性中毒は知られていますが

慢性毒性で貧血や中枢神経障害は

知られていません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

クロムによる慢性毒性としては

肺がんの可能性が高まります。

しかし、貧血や中枢神経障害は

知られていません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

アルセノベタインという化合物は

「海洋生物」におけるヒ素代謝物です。

無害な化合物です。

 

 

以上より、正解は 2 です。

 

 

類題 98-133,102-133

 


追加したガジェットは無効です