国試103回 解説216,217



216217

 

45歳女性。4年前、2型糖尿病と診断され、グリメピリド錠とボグリボース錠による薬物治療を開始した。

最近の検査の結果より、主治医は以下の薬剤を追加した。

患者はその処方箋を薬局に持参した。

 

(処方)

イプラグリフロジンL-プロリン錠50mg 11(11) 11回 朝食後 14日分

 

216

 

追加されたイプラグリフロジンは、Na/グルコース共輸送体(SGLT)のうち、SGLT2の選択的阻害薬である。

SGLT及びグルコース輸送体(GLUT)によるグルコース輸送に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1SGLT2は、主に消化管におけるグルコースの吸収に関与する。

2.細胞膜にあるGLUTによるグルコースの輸送は、グルコースの濃度勾配に従う。

3SGLT2は、Naの濃度勾配を利用してグルコースを輸送する。

4GLUTは、グルコースと同様にマルトースを輸送する。

5.血液中のグルコースは、尿細管においてSGLT2によって原尿中に分泌される。

 

 

正解 (2)(3)

 

SGLT

Na+/グルコース共輸送体です。

代表的二次性能動輸送担体です。

 

SGLT2 

腎臓の近位尿細管に局在しています。

グルコースの再吸収の大部分を担っています。

 

グルコースの再吸収を妨げることで

尿中に糖を排出してしまう というのが

SGLT2阻害薬の作用機序です。

 

 

一方

GLUT

促進拡散でグルコースを輸送します。

 

以上をふまえ

各選択肢を検討します。

 

 

選択肢 1 ですが

消化管ではなく、腎臓における再吸収です。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

マルトースは輸送しません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

尿細管において、グルコースは再吸収されます。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より

216 の正解は 2,3 です。

 

 

 

217

 

SGLT2選択的阻害薬の副作用として誤っているのはどれか。1つ選べ。

(※ 設問が不明瞭で正解が得られないという理由で、全員正解となりました。)

 

1.低血糖

2.尿路感染症

3.脱水

4.血圧上昇

5.体重減少

 

 

正解 なし

 

解なしのため、解説もなし。


追加したガジェットは無効です