国試103回 解説218,219



218219

 

50歳男性。糖尿病(グリメピリド錠にて加療中)10年前にS状結腸がんⅠ期T1軽度浸潤と診断され、内視鏡的粘膜切除術(EMR)を受けた。

定期検診のため、かかりつけ医を受診し、以下の投薬指示が出された。

 

(投薬)

経口腸管洗浄剤()1(1袋を水に溶解して約2Lとし、溶解液とする)

 

前日21時より絶食し、検査当日7時より溶解液2L1時間あたり約1Lの速度で経口投与。

 

注:1袋を水に溶解して2Lとした溶解液の電解質濃度はNa125mEq/LK10mEq/LCl35mEq/LHCO320mEq/LSO480mEq/Lである。

pHは約8.0、浸透圧比は約1である。

 

218

 

この経口腸管洗浄剤は等張な電解質溶液であり、大腸の機能を利用した薬剤である。

大腸の機能に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.大腸の粘膜には絨毛があり、そこから栄養の吸収が行われる。

2.大腸では水は吸収されるが、電解質は吸収されない。

3.結腸粘膜での水の吸収は、Naの能動輸送で生じる浸透圧差により起こる。

4.大腸の運動は、副交感神経の興奮により抑制される。

5.大腸の内容物の肛門側への移送には、ぜん動運動が関わる。

 

 

正解 (3)(5)

 

選択肢 1 ですが

記述は小腸についてです。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

大腸は、水分やミネラル吸収を担います。

「電解質は吸収されない」というのは

明らかに誤りです。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

「抗コリン剤で便秘」を思い出せば

明らかに誤りと判断できます。

 

大腸の運動が抑制される というのは

便秘につながると連想できます。

 

そして、抗コリン剤の作用は

Ach受容体遮断です。

これは副交感神経系の抑制につながります。

 

以上より、副交感神経系の抑制で

大腸の運動が抑制されて便秘 とわかります。

副交感神経系の「興奮」で

大腸の運動抑制ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 

 

以上より、問218 の正解は 3,5 です。

 

 

 

219

 

この経口腸管洗浄剤を服用するにあたり、患者に対して薬剤師が服薬指導する内容として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.可能であるならば、1時間あたり2Lの速度で服用してもかまいません。

2.服用しにくい場合でも、他の飲料水と一緒に服用しないでください。

32Lの溶解液が多いと感じる場合、1袋を水に溶解して約1Lとし、服用してもかまいません。

4.服用中に腹痛の症状が現れた場合には、服用を中止し、ただちに受診してください。

5.グリメピリド錠は、本剤と同時に服用してもかまいません。

 

 

正解 (2)(4)

 

選択肢 1 ですが

本剤の投与により

腸管内圧上昇による腸管への負担があるため

短時間での投与は避けます。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

他成分や香料が混ざると

浸透圧の変化などが起こりうるため避けます。

 

 

選択肢 3 ですが

濃度が変わってしまうので不適切です。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 5 ですが

糖尿病薬については

血糖コントロールの観点から

検査当日の食事摂取後より服用を行います。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,4 です。


追加したガジェットは無効です