国試103回 解説250,251



250251

 

45歳男性。「最近、肩こりや腰痛がひどく、寝付きも悪く、しだいに朝起きるのがつらくなった。不安感が強く、仕事が楽しいと感じることもなくなり、職場に行くことが苦痛である。」と訴え心療内科を受診し、以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

 

(処方1)

ロラゼパム錠1mg 11(13)

チザニジン塩酸塩錠1mg 11(13)

13回 朝昼夕食後 7日分

 

(処方2)

ラメルテオン錠8mg 11(11) 11回 就寝前 7日分

 

お薬手帳記載事項(現在服用中の薬剤)

ニフェジピン徐放錠40mg(24時間持続) 11(11)

プラバスタチンナトリウム錠10mg 11(11)

 

250

 

薬剤師の服薬指導の内容として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.眼圧低下が起こることがありますので、物がひずんで見えたり、視野が暗くなったりしたら、すぐに薬剤師に相談してください。

2.立ち上がる際は、ゆっくりと立ち上がり、めまいやふらつきに注意してください。

3.薬の影響で、尿や汗に赤い色がつくことがあります。

4.自動車の運転等の危険を伴う機械の操作は避けてください。

 

 

正解 (2)(4)

 

ロラゼパムは

Bz系抗不安薬です。

 

チザニジンは

α受容体作動薬です。

筋弛緩薬として用います。

 

ラメルテオン(ロゼレム)は

メラトニン受容体作動薬です。

 

ニフェジピンは

Ca拮抗薬で降圧薬です。

 

プラバスタチンは

HMG-CoA還元酵素阻害薬です。

 

 

降圧薬を飲んでいるため

今回の処方のチザニジンの作用により

血圧低下のおそれがあります。

 

起立性低血圧に注意してもらうために

ゆっくり立ち上がり

めまいやふらつきに注意するよう指導します。

 

また

ロラゼパムを毎食後に飲む処方が

初めて出ているため

眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の

低下が起こることがあるので

危険を伴う機械の操作を避けるよう指導します。

 

 

以上より

250 の正解は 2,4 です。

 

 

 

251

 

1週間後、以下の処方3が追加された処方箋を持って、再度薬局を訪れた。

 

(処方3)

フルボキサミンマレイン酸塩錠25mg 11(12) 12回 朝夕食後 7日分

 

この患者が服用している薬剤の中に追加薬剤と併用禁忌のものが2つあるため、処方を追加した医師に疑義照会を行った。

併用によって生じる副作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

 

1.アドレナリンα2受容体が過剰に刺激され、著しい血圧低下が現れる。

2Ca2チャネルが過剰に阻害され、著しい血圧上昇が現れる。

3.γ-アミノ酪酸GABAA受容体が過剰に活性化され、著しい筋弛緩作用が現れる。

4.メラトニン受容体が過剰に刺激され、催眠作用が著しく増強される。

5HMGCoA還元酵素が過剰に阻害され、横紋筋融解症の発症リスクが高まる。

 

 

正解 (1)(4)

 

チザニジン、及びラメルテオンが

CYP1A2 により代謝されるので

フルボキサミンと併用禁忌です。

フルボキサミンにより

CYP1A2 が阻害されるため

それぞれの薬効が過剰になることを避けます。

 

従って、問 251 の正解は 1,4 です。


追加したガジェットは無効です