問96-33 解説



問33

日本薬局方における
紫外可視吸光度測定法に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 通例、波長200 nmから800 nmまでの範囲の光が、物質により吸収される度合いを測定し、物質の確認、純度の試験及び定量などを行う方法である。

b 単色光が、ある物質の溶液を通過するとき

透過光の強さの入射光の強さに対する比率を透過度という。

c 透過度の常用対数を吸光度という。

d 層長を1 cm、吸光物質の濃度1 mol/Lの溶液に換算したときの吸光度を比吸光度という。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
その通りの記述です。


紫外可視吸光度測定では
波長 200 nm ~ 800 nm の範囲の光が
物質により吸収される度合いを測定します。


ちなみに可視光線の領域が、大体 400 ~ 800 nm です。
400 nm 以下は、紫外領域です。


よって、記述 a は正しいです。



記述 b ですが
その通りの記述です。


紛らわしいが、重要な言葉として
吸光度があります。
吸光度とは、透過度の、逆数の、常用対数です。


よって、記述 b は正しいです。



記述 c ですが
記述 b の解説にも書いたとおり
吸光度とは、透過度の、逆数の、常用対数です。
透過度の常用対数では、ありません。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
比吸光度とは
測定する物質の濃度を 1w/v %
すなわち、水100g に、物質 1g を溶かした濃度
かつ、光路長を 1 cm とした時の吸光度のことです。

濃度1 mol/Lの溶液に換算したときの吸光度
では、ありません。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しい組み合わせは
(a ,b)です。


正解は 1
です。



問題へ戻る