問96-34 解説



問34

イムノアッセイに関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a ラジオイムノアッセイでは
11C、13N、15Oなどの
放射性核種で標識した抗原が用いられる。

b 抗原あるいは抗体を
プレートなどに固定して行うエンザイムイムノアッセイを
ELISA という。

c 抗体に結合した抗原(B)と
非結合の抗原(F)の分離(B/F分離)を行わない方法を
均一系免疫測定法(ホモジニアスイムノアッセイ)という。

d サンドイッチイムノアッセイ(two-site イムノエンザイモメトリックアッセイ)は
高分子化合物よりも低分子化合物の定量に適している。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
ラジオイムノアッセイに用いられる
放射性核種は
3H、14C、125I、131I などです。
これらの核種は、半減期が長い、入手が容易、安価である
といった利点があり、用いられています。


11C、13N、15O は、どれも半減期が短く
ラジオイムノアッセイでは用いられません。


よって、記述 a は誤りです。



記述 b ですが
ELISA
(enzyme-linked immuno sorbent assay:酵素結合免疫吸着法) は
抗原抗体反応の結果を見るために
酵素を用いる分析法の一種です。


特徴は、プレートなどの固相を用いることです。
固相に、抗体をコートしたものを用意し
これに抗原を加えて反応させます。


よって、記述 b は正しいです。



記述 c ですが
この通りの記述です。


ちなみに
イムノアッセイにおいて
B/F分離を行う場合は
不均一法と呼ばれたりします。



記述 d ですが
サンドイッチイムノアッセイは
タンパク質などの、比較的高分子の定量で
用いられる方法です。


サンドイッチイムノアッセイでは
定量したい対象に
二箇所以上、抗体と結合できる場所が必要です。

そのため、ある程度以上の分子量が
定量対象に必要であると考えられます。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しい組合せは
(b , c)です。


正解は 4 です。