問96-36 解説



問36

記述ア~エに該当する生薬 a~h について
正しい組合せはどれか。

ア バラ科植物の種子の生薬で
主要成分として青酸配糖体を含み、鎮咳去痰薬として用いられる。

イ ウコギ科植物の根茎の生薬で
主要成分としてオレアナン系のトリテルペンサポニンを含み
健胃薬、鎮咳去痰薬として用いられる。

ウ セリ科植物の根茎の生薬で
主要成分としてフタリド類を含み
漢方で貧血や冷え症などの婦人薬として用いられる。

エ キク科植物の頭花の生薬で
主要成分としてクロモン類やクマリン類を含み
利尿薬、利胆薬として用いられる。

a トウニン
b サイコ
c キョウニン
d ニンジン
e コウカ
f インチンコウ
g チクセツニンジン
h センキュウ

ア イ ウ エ
1 e d f b
2 e f g c
3 a d b e
4 c g h f
5 a d h b
6 c g b f



記述 ア ですが
バラ科の代表的な生薬は
キョウニン、トウニンです。


青酸配糖体(アミグダリン)を含み
鎮咳や、婦人薬などに用いられる処方に含まれます。


あてはまるのは、 a や c です。
この時点で、選択肢 1,2 は誤りです。



記述 イ ですが
ウコギ科の代表的な生薬は
ニンジンです。


トリテルペンサポニンを含み
滋養強壮、健胃などの効能を持つ処方に含まれます。




記述ウですが
セリ科の代表的な生薬は
ウイキョウ、サイコ、センキュウ、トウキです。


ウイキョウは
フェンネルという名前でスパイスとして知られている植物です。
精油(アネトール)を含み
健胃などの効能を持つ処方に含まれます。


サイコは、トリテルペンサポニンを含み
風邪に用いられる処方などに含まれます。


センキュウ、トウキは、精油を含み
共に、婦人薬などに用いられる処方に含まれます。


フタリド類というのは、精油の一種です。
よって、この記述により、選択肢 3,6 は誤りです。




記述エですが
キク科の代表的な生薬は
ソウジュツ、ビャクジュツです。
根茎が用いられます。


精油を含み
利尿や整腸などに用いられる処方に含まれます。


根茎であることに注目し
選択肢 5 は間違いであると判断します。



以上より、正しい選択肢は 4 です。




問題へ戻る