問97-58 解説



問58
インフルエンザの薬物治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 ザナミビル水和物は、B型の患者に有効である。
 2 アスピリンは、小児の解熱薬として推奨される。
 3 アマンタジン塩酸塩は、B型の患者に有効である。
 4 ニューキノロン系抗菌薬が第一選択薬である。
 5 オセルタミビルリン酸塩は、症状発現直後の使用では有効性がない。


ザナミビル(商品名:リレンザ)は、ノイラミニダーゼ阻害薬です。
A型及びB型インフルエンザウイルスに有効です。

よって、
正解は 1 です。


ちなみにアスピリンは
15歳未満の小児のインフルエンザによる発熱に対して、原則禁忌です。


アマンタジンは、B型インフルエンザウイルスに対して無効です。


ニューキノロン系抗菌薬は、抗菌薬であり、抗ウイルス薬ではありません。


オセルタミビルリン酸塩は
症状の発現から2日以内に飲み始める必要がある薬です。