問97-60 解説



問60
次の抗うつ薬のうち、緑内障を合併している患者に使用できるのはどれか。
1つ選べ。

 1 イミプラミン塩酸塩        2 アミトリプチリン塩酸塩
 3 フルボキサミンマレイン酸塩    4 アモキサピン
 5 マプロチリン塩酸塩



緑内障を合併していることから、抗コリン作用を持つ薬は使用できません。


イミプラミン、アミトリプチリン、アモキサピンは、三環系抗うつ薬です。
抗コリン作用があります。


マブロチリンは四環系抗うつ薬です。
三環系に比べれば軽いのですが、やはり抗コリン作用があり、緑内障患者に使用できません。



フルボキサミンマレイン酸塩は、SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)です。
セロトニンの再取り込みを選択的に阻害する薬です。
抗コリン作用による副作用がないため、緑内障患者にも使用することができます。


以上より、正解は 3 です。