問97-65 解説





問65
癌化学療法において、制吐に用いられる医薬品として、適切なのはどれか。1つ選べ。

 1 ブロモクリプチンメシル酸塩     2 ランソプラゾール
 3 ラニチジン塩酸塩          4 スクラルファート水和物
 5 アプレピタント


ブロモクリプチンメシル酸塩は、プロラクチンの分泌を抑える薬です。
高プロラクチン血症に用いられる薬です。
又、麦角アルカロイドの一種であり、パーキンソン病治療にも用いられる薬です。


ランソプラゾールは、プロトンポンプ阻害薬です。
胃酸の分泌を抑える薬です。
胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられる薬です。


ラニチジンは、H2 拮抗薬です。
胃酸の分泌を抑える薬です。
胃炎や胃潰瘍の治療に用いられる薬です。


スクラルファートは、粘膜保護剤です。
胃炎や胃潰瘍の治療に用いられる薬です。


アプレピタントは、NK1 受容体拮抗型制吐薬です。
抗がん剤による吐き気や嘔吐を抑える薬です。
急性期だけでなく、遅発性嘔吐にも有効です。



以上より、正解は 5 です。