問97-145 解説


問145

医薬品副作用被害救済制度の説明として、誤っているのはどれか。1つ選べ。


 1 医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用による健康被害を救済する制度である。

 2 救済は、医療費や障害年金などの給付によって行われる。

 3 救済給付金は、国の補助金で賄われている。

 4 救済給付の申請は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構に対して行う。

 5 輸血用血液製剤などの生物由来製品を介した感染による健康被害は、この制度の救済対象ではない。





選択肢 1 は、その通りの記述です。
医薬品は、有効性と安全性のバランスの上に成り立つものであるから、使用に当り万全の注意を払ってもなお
副作用の発生が不可避である場合があることをふまえ、このような制度が存在します。


選択肢 2 は、その通りの記述です。
医療費や障害年金の他、遺族年金や葬祭料といった給付も、場合により行われます。


救済給付に必要な日用は、許可医薬品製造販売業者から納付される拠出金が原資となっています。
よって、国の補助金ではないので、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。
健康被害者は、医薬品医療機器総合機構に給付請求を行い
医薬品医療機器総合機構は、厚生労働大臣に判定の申出を行います。


選択肢 5 はその通りの記述です。
生物由来製品感染等被害救済制度という、別の制度による救済対象となります。



以上より、誤っている選択肢は 3 です。