問97-316 解説



問316

介護保険制度及びそれに関わる薬局薬剤師の業務について、以下の問に答えよ。


 介護保険制度に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。 


 1 保険者は都道府県である。

 2 保健・医療・福祉にわたる介護サービスを総合的に利用できるようにした制度である。

 3 被保険者には第1号被保険者と第2号被保険者がある。

 4 給付には、要支援者を対象とするものはない。

 5 要介護状態は10段階に区分されている。




介護保険制度における保険者

すなわち、保険事業を経営する主体は、市町村です。

よって、都道府県ではないので、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 はその通りの記述です。

第1号被保険者とは、65歳以上の者です。

第2号被保険者とは、40歳から65歳未満の、医療保険加入者です。



介護保険制度において、被保険者は、市町村により、要介護認定を受けます。

この認定を受けなければ、被保険者証を持っているだけでは保険給付を受けることができません。


要介護認定によって、被保険者は、介護を必要とする度合いに応じて

8段階に分類されます。

すなわち、介護を必要とする度合いが低い方から

非該当、要支援 1、要支援 2 、要介護 1 、要介護 2 、要介護 3、 要介護 4、 要介護 5です。

要介護状態は、10段階に区分されているわけではありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



要支援者は、予防給付のサービスを受けることができます。

すなわち、介護予防訪問介護などのサービスを受けることができます。

よって、給付には、要支援者を対象とするものがないわけではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。