問97-320 解説



問320

一般用医薬品の販売について、以下の問に答えよ。


 一般用医薬品の販売における薬局薬剤師の対応として、適切なのはどれか。

2つ選べ。


 1 特定銘柄の製品を指定して来局した購入希望者に対しては、症状や体質等を確認する必要はない。

 2 第1類医薬品に該当する製品の購入希望者のうち、以前も同じ製品を購入したことが明らかな者に対しては、薬剤師の判断で情報提供をせずに販売することができる。

 3 購入した製品について相談を受けたときには、その製品が該当する一般用医薬品の区分にかかわらず、相談に応じる。

 4 一般用医薬品での自己治療の範囲を超えていると薬剤師が判断した場合には、購入希望者に受診を勧める。





一般医薬品でも、健康被害は発生しています。

リスクの程度に合わせた情報提供が行われる必要があります。

製品を指定して来局した購入希望者にも、リスクに合わせた症状や体質等の確認が必要であるといえます。

よって、選択肢 1 は誤りです。


第 1 類医薬品に関しては、情報提供の義務があります。

以前同じ製品を購入したことが明らかであっても、薬剤師の判断で情報提供をせずに

販売することはできません。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 はその通りの記述です。



以上より、正解は 3,4 です。