問97-11 解説




問11
ホルモンとその作用との対応のうち、誤っているのはどれか。
1つ選べ。


 1 ガストリン -------------- 胃酸分泌の抑制
 2 セクレチン -------------- HCO
3− を多く含む膵液の分泌促進
 3 カルシトニン ----------- 血中Ca2+ の減少
 4 インスリン -------------- 血中グルコースの減少
 5 アルドステロン --------- 腎臓におけるNa+ 及びCl の再吸収促進



ガストリンは、胃幽門部(出口の方)G細胞から分泌されるホルモンで
胃酸分泌を促進し、消化を助けます。


セクレチンは、十二指腸のS細胞から分泌されるホルモンで
膵液の分泌を促進させるホルモンです。


カルシトニンは、血中のCa2+濃度を低下させるホルモンです。
分泌は甲状腺傍ろ胞細胞が行います。
Ca2+濃度の低下は、骨吸収(骨=Ca貯蔵庫から血中へのCa移動)の抑制により実現されます。


インスリンは、血糖が上がった時に分泌されるホルモンで
血中グルコース濃度を減少させます。


アルドステロンは、腎臓の遠位尿細管においてNa+の再吸収を促進させることにより
血中Na+濃度を上昇させるホルモンです。
又、遠位尿細管におけるNaの輸出機構はNa+/Cl共輸送であるため
Naの再吸収を促進させることは同時にClの再吸収を促進させることになります。



以上により、正解は 1 です。




参考)生物化学まとめました (1)
3-2 2) 血糖の調節機構
参考)生物化学まとめました (1) 3-4 1) 体液の調節機構
参考)生物化学まとめました (1) 3-5 2) 消化・吸収におけるホルモンの役割