問97-15 解説




問15
抗原抗体反応を利用した測定法でないのはどれか。
1つ選べ。

 1 ラジオイムノアッセイ (RIA) によるホルモンの定量
 2 酵素免疫測定法 (ELISA) によるサイトカインの定量
 3 赤血球凝集反応による血液型判定
 4 ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法によるDNAの検出
 5 ウエスタンブロット法によるタンパク質の検出





ラジオイムノアッセイ(RIA:radio immunoassay)とは
放射性同位元素を利用した、抗原抗体反応による微量な抗原の測定法です。


酵素免疫測定法(ELISA:enzyme-linked immunosorbent assay)とは
酵素反応に基づく発色や発光を利用した、抗原抗体反応による微量な抗原の測定法です。


赤血球凝集反応とは、赤血球どうしが互いにくっついて固まりをおこすことです。
赤血球表面の抗原に対する抗体が、複数の赤血球表面抗原と結合することによりおこります。
抗原抗体反応の一種です。


ポリメラーゼ連鎖反応(PCR:polymerase chain reaction)とは
DNAの増幅法です。
酵素反応であり、抗原抗体反応ではありません。


ウエスタンブロット法とは、電気泳動により分離したタンパク質を膜に転写し
タンパク質に対する抗体を用いて検出する手法のことです。



以上により、正解は 4 です。