実務 (薬学実践)



問326

保険調剤における処方内容の疑義照会に関する記述のうち、正しいのはどれか。

1つ選べ。

 1 医師には自らが交付した処方せんに関して、薬剤師からの疑義照会に対応する義務がある。

 2 処方せんに不備があっても薬剤師として明確に判断できることは、疑義照会する必要はない。

 3 処方せんに疑義があっても患者に確認して解消された場合には、疑義照会する必要はない。

 4 処方された医薬品の用法が記載されていない場合は、添付文書の用法に合わせて投薬するので疑義照会の必要はない。

 5 疑義照会により処方内容が変更になった場合は、医療機関に処方せんの再発行を求めなければならない。


正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問326 解説へ




問327

胃の全摘手術を目的として入院してきた患者の持参薬の中に抗血栓薬が含まれていた。

手術による大量出血のリスクを回避するため、薬剤師がその中止を提案した。

抗血栓薬とその投与中止期間の組合せのうち、誤っているのはどれか。

1つ選べ。



抗血栓薬

投与中止期間

1

アスピリン

約2日

2

ワルファリンカリウム

約5日

3

シロスタゾール

約3日

4

チクロピジン塩酸塩

約14日

5

サルポグレラート塩酸塩

約1日



正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問327 解説へ





問328

以下の処方について患児の家族に確認したところ、散剤の服用は困難であったため、疑義照会を行った。

その結果、ブロムヘキシン塩酸塩シロップ0.08%に変更となった。

秤量するブロムヘキシン塩酸塩シロップは総量で何mLか。

1つ選べ。

ただし、用法・用量及び投与日数の変更はない。


 (処方)

   ブロムヘキシン塩酸塩細粒2 % 1回 0.1 g(1日 0.3 g)[製剤量]

                  1日3回 朝昼夕食後 4日分


  1 3.0     2 7.5     3 10.0     4 12.0     5 30.0



正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問328 解説へ





問329

高カロリー輸液療法に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 腸閉塞で消化管からの栄養補給ができない患者に適用できる。

 2 乳酸アシドーシスの予防のため、ビタミシB1の併用が必要である。

 3 腎不全患者では、窒素に対する非タンパク質カロリーの比を150〜200に設定する。

 4 ナトリウムイオンの1日投与量として、20〜30 mEq / kgを目安とする。

 5 浸透圧比を1〜2に設定する。


正解 1,2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問329 解説へ




問330

薬局製造販売医薬品(薬局製剤)の製造及び販売にあたり、義務づけられていないのはどれか。

1つ選べ。


 1 封の実施

 2 添付文書の作成

 3 作業記録の患者への提供

 4 製造した医薬品の試験検査

 5 製造した薬局名の表示


正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問330 解説へ




問331

以下の処方により、投与されるナトリウムの量(mEq/日)として、最も近い値はどれか。

1つ選べ。

ただし、ホスホマイシンナトリウム (C3H5Na2O4P) の分子量は182、Naの原子量は23とする。


 (処方)

   ホスホマイシンナトリウム点滴静注用 0.5 g(力価)/バイアル 3バイアル

                   1日2回1〜2時間かけて点滴静注


 1 15     2 22     3 33     4 43     5 57


正解 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問331 解説へ






問332

42歳男性。

重症筋無力症に対して、以下の薬剤が処方された。

重大な副作用の典型的な初期症状はどれか。

2つ選べ。


 (処方)

   ジスチグミン臭化物錠 5 mg 1回1錠(1日1錠)

                  1日1回 朝食後 14日分


 1 排尿困難

 2 便秘

 3 発汗

 4 頻脈

 5 縮瞳



正解 3,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問332 解説へ




問333

68歳男性。

身長172 cm、体重82 kg。

心筋梗塞の既往歴を有し、高血圧と糖尿病のため、以下の処方で治療を継続している。


 (処方1)

   アスピリン腸溶錠 100 mg                1回1錠(1日1錠)

   オルメサルタンメドキソミル錠 10 mg    1回1錠(1日1錠)

                                                1日1回 夕食後 14日分

 (処方2)

   グリメピリド錠 1 mg                    1回1錠(1日2錠)

   メトホルミン塩酸塩錠 250 mg           1回1錠(1日2錠)

                                               1日2回 朝夕食後 14日分


 この患者に対する指導として、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 納豆やクロレラはアスピリン腸溶錠の作用を増強するため、摂取しないように指導した。

 2 心筋梗塞の再発予防のため、オルメサルタンメドキソミル錠により血圧を下げる必要があることを説明した。

 3 食品包装に表示されているナトリウム量を参考にして、1日のナトリウム摂取量が6 gを下回るように指導した。

 4 心血管保護のため、強度の運動を行うよう推奨した。

 5 処方2により低血糖症状が現れた場合は、ブドウ糖又はショ糖を摂取するよう指導した。



正解 2,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問333 解説へ




問334

以下の医薬品を適正に使用するために患者から情報収集する内容及びその理由の組合せのうち

正しいのはどれか。

2つ選べ。



医薬品

情報収集する内容

理由

1

リゾチーム塩酸塩

牛乳アレルギーの有無

リゾチームは牛乳に含まれる成分であるため

2

クロルフェニラミンマレイン酸塩

自動車の運転の有無

眠気を催すことがあるため

3

ミソプロストール

妊娠の有無

流産の危険性があるため

4

ジゴキシン

喫煙の有無

ジゴキシンの作用を増強するため

5

テオフィリン

グレープフルーツジュースの摂取の有無

テオフィリンの作用を減弱するため




正解 2,3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問334 解説へ





問335

循環器系疾患の薬物治療に関して

薬剤師が医師へ提案する内容として、最も適切なのはどれか。

1つ選べ。


 1 徐脈を伴う重症心不全の患者に対して、心機能改善を期待してプロプラノロール塩酸塩を使用する。

 2 心房細動を伴うWPW (Wolff-Parkinson-White) 症候群のある患者に対して、抗不整脈作用を期待してベラパミル塩酸塩を使用する。

 3 QT時間が延長している患者に対して、心室頻拍への移行防止を期待してソタロール塩酸塩を使用する。

 4 肥大型閉塞性心筋症の患者に対して、心筋収縮力の増強を期待してジゴキシンを使用する。

 5 アンギオテンシン変換酵素阻害薬による治療を受けている慢性心不全の患者に対して、予後改善効果を期待してカルベジロールを使用する。



正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問335 解説へ




問336

注射剤の投与に際して使用する医療器材に関する記述のうち、正しいのはどれか。

1つ選べ。


 1 プロポフォールの脂肪乳剤を点滴静注する際に、ポリ塩化ビニル製の輸液セットを使用する。

 2 ニトログリセリン注射液を乳酸リンゲル液で希釈して点滴静注する際に、ポリ塩化ビニル製の輸液セットを使用する。

 3 硝酸イソソルビド注射液を5%ブドウ糖注射液で希釈して点滴静注する際に、ポリエチレン製の輸液セットを使用する。

 4 ダイズ油を主成分とする脂肪乳剤を点滴静注する際に、輸液ラインに微生物ろ過フィルターを装置する。

 5 ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油を含有するタクロリムス注射液を生理食塩液に希釈して点滴静注する際に、ポリ塩化ビニル製の輸液セットを使用する。



正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問336 解説へ




問337

以下の用語(略語)のうち、肝機能を示すマーカーはどれか。

2つ選べ。

 1 AST

 2 BUN

 3 CPK (CK)

 4 CRP

 5 γ-GTP (γ-GT)

 6 HbA1c

 7 INR

 8 WBC



正解 1,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問337 解説へ




問338

保険薬局における麻薬の取扱いに関する記述のうち、誤っているのはどれか。

1つ選べ。


 1 処方せんにより麻薬を調剤する場合は、麻薬小売業者の免許は不要である。

 2 麻薬を購入する時は、麻薬譲渡証を麻薬卸売業者から受け取り、麻薬譲受証を麻薬卸売業者に渡す。

 3 麻薬を調剤する時は、在庫数と帳簿上の残数を確認する。

 4 麻薬処方せんを保存する際には、一般の処方せんとは別にする。

 5 麻薬帳簿は、最終記載の日から2年間保管する。



正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問338 解説へ




問339

保険調剤後の調剤録に関する記述のうち、誤っているのはどれか。

1つ選べ。


 1 調剤済みの処方せんに必要事項を記入して調剤録とした。

 2 保険薬局開設者が、調剤録を最終の記入日から5年間保存したので廃棄した。

 3 1回目の分割調剤時に、調剤録に代えて処方せんに必要事項を記入した。

 4 処方せんに関する医師への疑義照会の内容を調剤録に記載した。

 5 患者の被保険者証記号番号を調剤録に記載した。



正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問339 解説へ




問340

保険調剤における先発医薬品から後発医薬品への変更に関する記述のうち

正しいのはどれか。

2つ選べ。

ただし、後発医薬品への変更が可能とされた処方せんとする。


 1 患者へ後発医薬品に関する説明を行い、同意を得た上で変更を行った。

 2 後発医薬品に変更する際に、適応症を確認した。

 3 錠剤の先発医薬品を散剤の後発医薬品に、薬剤師の判断で変更して調剤した。

 4 医療機関には変更に伴う情報提供を行わなかった。

 5 交付済の後発医薬品を後日先発医薬品と交換した。



正解 1,2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問340 解説へ





問341

一般用医薬品の配合成分及び使用法と

その医薬品を長期連用した場合に生じる可能性のある副作用との組合せのうち

誤っているのはどれか。

1つ選べ。



配合成分(使用法)

副作用

1

ナファゾリン塩酸塩(点鼻)

局所粘膜の二次充血

2

フルオシノロンアセトニド(塗布)

ステロイド皮膚

3

ブロモバレリル尿素(内服)

投与中止時のせん妄、振戦

4

カンゾウエキス(内服)

高カリウム血症

5

コデインリン酸塩水和物(内服)

薬物依存



正解 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問341 解説へ





問342

薬剤性の皮膚粘膜眼症候群が疑われる代表的な初期症状はどれか。

2つ選べ。


 1 発熱(38℃以上)

 2 紅斑

 3 黄疸

 4 四肢のしびれ

 5 空咳



正解 1,2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問342 解説へ




問343

薬局での受診勧奨に関する記述のうち、適切なのはどれか。

2つ選べ。


 1 一般用医薬品を使用したが症状が悪化したとの訴えがあったので、受診勧奨を行った。

 2 受診勧奨時に、同意を得ないで来局者の情報を医師に提供した。

 3 症状が重篤であったが、かかりつけの医療機関が休診日であったため受診勧奨しなかった。

 4 一般用医薬品の効能・効果にはない症状であったため、受診勧奨を行った。


正解 1,4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問343 解説へ




問344

地域における薬剤師の活動に関する記述のうち、適切でないのはどれか。

1つ選べ。


 1 学校における衛生活動や児童・生徒への薬の教育にたずさわる。

 2 地域住民の健康増進に積極的にかかわる。

 3 未使用の医療用医薬品を回収し、有効期限内の医薬品を再利用する。

 4 保健機能食品に関する情報提供を行う。



正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問344 解説へ




問345

消毒薬の説明として、誤っているのはどれか。

1つ選べ。


 1 グルタラールは、医療器具の消毒に使用できる。

 2 ポビドンヨードは、皮膚や創傷面の消毒に使用できる。

 3 ベンザルコニウム塩化物は、口腔内の消毒に使用できる。

 4 消毒用エタノールは、芽胞を形成した細菌に対して有効である。

 5 次亜塩素酸ナトリウムは、B型肝炎ウイルスに有効である。



正解 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問345 解説へ