問97-327 解説




問327

胃の全摘手術を目的として入院してきた患者の持参薬の中に抗血栓薬が含まれていた。

手術による大量出血のリスクを回避するため、薬剤師がその中止を提案した。

抗血栓薬とその投与中止期間の組合せのうち、誤っているのはどれか。

1つ選べ。



抗血栓薬

投与中止期間

1

アスピリン

約2日

2

ワルファリンカリウム

約5日

3

シロスタゾール

約3日

4

チクロピジン塩酸塩

約14日

5

サルポグレラート塩酸塩

約1日



アスピリンは、血小板の寿命が10日程度であることから、7~10日間(3~5日で十分とすることもある)
が投与中止期間の目安です。
よって、選択肢 1 は明らかに短すぎるため、誤りです。


その他の選択肢は妥当な組合せです。



よって、
正解は 1 です。