問97-328 解説



問328

以下の処方について患児の家族に確認したところ、散剤の服用は困難であったため、疑義照会を行った。

その結果、ブロムヘキシン塩酸塩シロップ0.08%に変更となった。

秤量するブロムヘキシン塩酸塩シロップは総量で何mLか。

1つ選べ。

ただし、用法・用量及び投与日数の変更はない。


 (処方)

   ブロムヘキシン塩酸塩細粒2 % 1回 0.1 g(1日 0.3 g)[製剤量]

                  1日3回 朝昼夕食後 4日分


  1 3.0     2 7.5     3 10.0     4 12.0     5 30.0



処方せんにおいて、ブロムヘキシン細粒 2% を製剤量で 0.3g(1日分)を4日分なので

0.3 × 4 = 1.2 g 量り取る予定だったことがわかります。

この1.2 g には、2 % ブロムヘキシンが入っているから

1.2 × 0.02 = 0.024 g のブロムヘキシンが、シロップに入っていればよいということになります。


シロップ 1 ml で、1 g です。 

0.08% なので、1 ml (1g)中に、0.0008g のブロムヘキシンが入っていることになります。

よって、0.024 ÷ 0.0008 =  30

なので、30 ml を秤量します。



以上より、正解は 5 です。