問97-329 解説



問329

高カロリー輸液療法に関する記述のうち、正しいのはどれか。

2つ選べ。


 1 腸閉塞で消化管からの栄養補給ができない患者に適用できる。

 2 乳酸アシドーシスの予防のため、ビタミシB1の併用が必要である。

 3 腎不全患者では、窒素に対する非タンパク質カロリーの比を150〜200に設定する。

 4 ナトリウムイオンの1日投与量として、20〜30 mEq / kgを目安とする。

 5 浸透圧比を1〜2に設定する。




選択肢 1,2 はその通りの記述です。



非タンパク質カロリーの、窒素に対する比は、NPC/N(non - protein calorie/nitrogen)比と呼ばれます。

投与されたアミノ酸以外の栄養素(糖質 + 脂肪)から計算されるエネルギー量を、アミノ酸に含まれる窒素量で

割ったものです。


アミノ酸は、十分なエネルギー投与がないと、エネルギー源として消費されてしまいます。

すなわち、タンパク質が合成されません。


術後などのストレス下においては、大体 120 ~ 150 あれば、タンパク合成が順調に行われます。

一方で、腎不全患者では、窒素の投与量が制限され、分母のNが小さくなることにくわえ、タンパク代謝の亢進を

意図して、高めのエネルギ-が必要とされます。

そのため、NPC/N比は、大体300~500を目安に設定されます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



ナトリウムイオンの1日投与量の目安は 1.0 ~ 1.5 mEq / kg です。

よって、選択肢 4 は誤りです。



浸透圧比とは、血液や生理食塩水を基準とした、輸液の浸透圧の比です。

大体3を超えると、静脈炎が起きるため、抹消からは輸液できません。


高カロリ-輸液は、末梢からは投与できない高濃度の輸液であるため

一般に浸透圧比は3を超えます。


よって、選択肢 5 は誤りです。

 



以上より、正解は 1,2 です。