問97-125 解説


問125

保健統計に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。


 1 粗死亡率は、年齢構成の影響を受けるため、年齢構成の異なる集団の比較には適していない。

 2 PMI (50歳以上死亡割合)は、人口や年齢構成がわからなくても算出できるため、国際的に健康水準を測る指標として利用される。

 3 年齢3区分別人口における老年人口は、75歳以上の人ロである。

 4 ある年齢における平均余命は、その年の平均寿命から年齢を差し引くことで算出される。

 5 国勢調査は、人口の規模、構造などの特徴を明らかにするための人口動態調査である。





選択肢 1 はその通りの記述です。
粗死亡率とは、1年間の死亡数をその年の人口で割った値のことです。
よって、高齢者の多い集団ではより高くなる傾向にあります。
いいかえると、連齢構成の影響を受ける指標です。


選択肢 2 はその通りの記述です。
PMI (Proportional Mortality Indicator) とは、死亡者総数に占める、50歳以上の死亡者数の割合のことです。
この指標を求めるために必要な情報は、死亡者総数と、死亡者の年齢であり
人口や、年齢構成は必要ありません。


年齢 3 区分別人口とは、年少人口と、生産年齢人口と、老年人口の 
3 区分に分類した人口のことです。

年少人口とは15歳未満の人口のことです。
生産年齢人口とは、15~64歳未満の人口のことです。
老年人口とは、65歳以上の人口のことです。
よって、老年人口が75歳以上の人口ではないので、選択肢 3 は誤りです。


平均寿命とは、その年に生まれた0歳児が、平均して後何年生きることができるかという指標です。
そのため、ある年齢における平均余命は、その年の平均寿命からは、算出することはできません。
(ある年齢における平均余命は、『ある年齢分前の年の、平均寿命』
すなわち、今ある年齢の人が0歳だった時の平均寿命から
今の年齢を引けば算出することができると考えられます。)
よって、選択肢 4 は誤りです。


国勢調査とは、5年ごとに行われる、人口と世帯の実態を明らかにすることを目的としたアンケート調査です。
日本国内に住んでいるすべての人・世帯を対象として行われます。
外国人も、国籍に関係なく調査の対象となります。
このような、ある特定時点の人口の統計は、人口静態統計と呼ばれます。
よって、人口動態調査ではないため、選択肢 5 は誤りです。