問97-129 解説

問129

感染性疾患と、主な感染源の組合せのうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

    <疾患>          <感染源>

 1 ジフテリア  -------------  気道由来の飛沫

 2 成人T細胞白血病 -------  母乳

 3 エキノコックス症  -----  ノミ

 4 E型肝炎    ------------   血液





選択肢 1 はその通りの組合わせです。

ジフテリアは、ジフテリア菌(グラム陽性 桿菌)を病原体とする
ジフテリア毒素により起こる疾患です。

上気道の粘膜感染症です。皮膚や目に感染することもあります。
高い熱、はげしい咳、嘔吐などの症状が見られます。


選択肢 2 はその通りの組合せです。

成人T細胞白血病(ALT:Adult T-cell leukemia)は、白血病もしくは悪性リンパ腫の一種です。
HTLV-1(Human T-lymphotropic Virus - 1)というレトロウイルス(RNAウイルスの中で、逆転写酵素を持つウイルス)
の一種が原因ウイルスの一つです。

ウイルスの保有者の、生涯発症危険率は10%未満とされています。
主な感染経路は、授乳の他、性交、輸血があげられます。
授乳による感染は、人工栄養(母乳以外のこと)に切り替えることでほぼ防ぐことができます。


エキノコックス症とは、寄生虫エキノコックスにより引き起こされる感染症のひとつです。
人畜共通感染症の一つです。
狐などが感染していることがあります。

肝臓に病巣ができ、胆管を閉塞し、黄疸などが生じます。
又、肺が侵されると、咳、胸痛などの症状が見られます。

したがって、ノミが感染経路ではないので、選択肢 3 は誤りです。



E型肝炎とは、ウイルス性肝炎の一種です。
E型肝炎ウイルスにより引き起こされます。

主な感染経路は、経口感染です。
すなわち、E型肝炎ウイルスに汚染された食物、水等の摂取により
感染します。

ウイルスに感染しても、特に若年者は症状が明らかにならないことが多いとされています。
妊婦が、妊娠晩期に感染すると、劇症化しやすいという報告がなされています。

したがって、主な感染源は血液ではないので、選択肢 4 は誤りです。