問97-134 解説


問134

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)」(平成21年改正)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。


 1 対象となる化学物質の中には、環境中で分解されやすいものも含まれる。

 2 ポリ塩化ジベンゾ−p−ジオキシン (PCDD) は、第一種特定化学物質に指定されている。

 3 監視化学物質の設定は、化学物質の環境への放出量を把握することを目的としている。

 4 第二種特定化学物質は、高蓄積性を有し、ヒトヘの長期毒性又は高次捕食動物への毒性を有する。

 5 優先的に安全性評価を行う必要がある化学物質として、優先評価化学物質が設定されている。





選択肢 1 はその通りの記述です。
化審法の対象となる物質の中には、難分解性でなくても対象となる化学物質が含まれます。
一定数量以上の化学物質の製造・輸入を行った事業者に対して
分解性によらず報告が求められ、規制の対象となっています。


PCDDとは、ダイオキシン類の一種です。
ダイオキシンは、化審法の規制対象となりません。
つまり、PCDDは、第一種特定化学物質には指定されていません。
よって、選択肢 2 は誤りです。


監視化学物質とは、難分解性・高蓄積性があり、人や環境へのリスクがはっきりと十分低いとはいえない物質です。
こういった物質を監視化学物質に指定し、取扱状況の報告を要求したり、有害性の調査を指示させ
毒性があると判明したら、第一種特定化学物質へと指定することを目的としています。
よって、環境への放出量の把握が目的ではないので、選択肢 3 は誤りです。


第二種特定化学物資とは、高濃縮性は有さないが、難分解性で、人や生活環境動植物への長期毒性を持つ化学物質のことです。
よって、高蓄積性を有するという表現は、微妙な表現です。
又、高次捕食動物への毒性ではなく、生活環境動植物への長期毒性を有する化学物質のことです。
よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 1,5 です。